--> --> --> --> --> -->
パーマカルチャー九州の情報を発信しています。最新情報はblogにて随時更新しています。 DVD「パーマカルチャー」地球とつながる楽園のくらし 〜ニュージーランド 虹の谷の農園から〜」好評発売中

パーマカルチャーとは?

パーマカルチャーの定義

パーマカルチャー
パー マカルチャーとは、人間にとっての恒久的持続可能な環境をつくり出すためのデザイン体系のことである。パーマカルチャーという語そのものは、パーマネント (permanent:永久の)、とアグリカルチャー(agriculture:農業)をつづめたものであるが、同時にパーマネントとカルチャー(文化) の縮約形でもある。

文化というものは、永続可能な農業と倫理的な土地利用という基盤なしには長く続きえないものだからである。パーマカルチャーには、植物、動物・ 建物 および(水・エネルギー・コミュニケーションなどの)生産基盤などを扱う側面もある。しかしーパーマカルチャーはたんにそれらの要素そのものだけに関わる ものではない。

むしろ、それらの要素をその場所の中にどのように配置するかによって、各要素間にどのような関係をつくり出せるかを扱うのである。

ビル・モリソン
その狙いは生態学的に健全で、経済的にも成り立つ一つのシステムをつくり出すことであり、それぞれの要素にとっての必要がそこで満たされると同時に、搾取 したり汚染したりすることのない仕組みであり、したがって長期にわたって持続しうるシステムである。

バーマカルチャーは、植物や動物の固有の資質とその場所や建造物の自然的特徴を活かし、最小限の土地を活用して、都市部にも田舎にも、生命を支 えて いけるシステムをつくり出していく。


パーマカルチャーの基盤をなすのは、 自然のシステムの観察と、昔からの農業のやり方の中に含まれている智恵、そして現代の科学的・技術的知識である。

それは生態学的モデルにもとづいたものではあるが、パーマカルチャーは「耕された」生態系(cultivated ecology)をつくり出す。すなわち、通常自然の中で見られる以上に多くの、人や動物の食物を生産しうるシステムをデザイン、設計するのである。
(「パーマカルチャー」ビルモリソン著(農文協刊)より)

パーマカルチャーの倫理

農的暮らし

  • 地球への配慮土壌、各種の生物、大気、森林、微生物、動物、水などを含むすべての生物・無生物に対する心配り。
  • 人間への配慮われわれの基本的欲求である食物、家屋、教育、満足な雇用及び親しみ深い人間的接触などを満たすための心配り。
  • 余剰物の分配余った時間と金とエネルギーを、地球と人々に対する配慮という目的の達成に貢献できるように使う。

パーマカルチャーの原則

チキントラクター

  1. 相互関連的な位置付けデザインの構成要素(家、畑、道など)はお互いに助け合えるように配置しよう。
  2. 構成要素の多機能性それぞれの要素が多くの機能を果たせるように考えよう。
  3. 重要機能のバックアップ重要な機能(食物・エネルギー・物流など)は複数の構成要素で支えられるようにしよう。
  4. 効率的な活動エネルギー計画人や様々なエネルギーを、自然に楽に無駄なく使えるように要素を配置しよう。
  5. 生物的資源の利用の重視エネルギーの節約のため、生き物の力を借りよう。フローフォーム
  6. エネルギー循環なるべく小さな地域内で物やエネルギーをリサイクルして循環させよう。
  7. 小規模集約システム先ず足元から、そして自分の管理できる範囲を効率よく利用しよう。
  8. 遷移の加速雑草やマメ科植物を利用して目的の作物を早く作ろう。
  9. 多様性相性の良い植物の集団を利用して安定した農地の生態系を作ろう。
  10. 接縁効果接縁(異なる二つの環境の接するところ)を利用して生産性を高めよう。
DVD「パーマカルチャー」好評販売中

アーカイブ
2004年までの活動はこ ちらをご覧ください。
2008年6月までの活動等は以前のHPをご覧くださいませ。 ここをクリック
おすすめの読み物
・ウルリッヒ・ヨヒムセン スピーチ in JAPAN 自然エネルギーを妨げているものは何か?
・クリスタルウォーターズのマックス・リンデンガーさん講演録
・2008年九州 PDCのレポートが読めます♪
・2009年オースト ラリア・パーマカルチャーツアー・レポート

Page Top